五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)の中でもあまり重視されていない嗅覚(きゅうかく)ですが、“におい”はおいしさを感じたり、危険を察知する役目を持つなど、人間の基本的な機能に欠かせない重要な感覚の1つです。

検査の必要性

* 嗅覚減退(においが良く分からないこと)のある方
ガス・ガソリンもれ、火事の煙、食物の焦がしたにおいなど、気付くのに遅れると生活上危険なので検査・診断が必要です。
* におい・香りが重要な職業の方
調理師、ソムリエの方や焼酎醸造、アロマテラピーなどに従事されている方は、嗅覚が自分では正常だと思っていても、自分の正確な嗅力を知ることは仕事のqualityを高める意味でも大切です。
* 高齢の方
視力、聴力と同様、加齢により嗅力も落ちる事が最近明らかになったので、注意が必要です。

嗅覚障害の検査・診断法

* 基準嗅力検査
5種類・8段階の薬液を濾紙に浸して、においをかぐことによりその種類を答える検査です。
平均認知域値すなわち嗅力は、−2から5.8であり、1以下が正常で以後、軽度・中等度・高度障害と段階的に判別され、5.6以上が嗅覚脱失となります。

* カード式嗅覚検査
日本人の生活習慣に適合した香りを中心に選択された簡易な嗅覚同定検査です。
4つの選択肢から、何のにおいを感じたかを1つ選んで回答する検査で、12種類中、9種類以上正解が正常です。
選択肢として、家庭用ガス、バラ、墨汁などがあります。

* スティック型嗅覚検査
2つに折り曲げた薬包紙に、においスティックを塗布し、擦りあわせた後、匂いを嗅いで回答する検査法で、においの種類、判定法などはカード型嗅覚検査と同じです。
選択肢として、カレー、バラ、蒸れた靴下などがあります。

* 静脈性嗅覚検査
アリナミン(VitB1)を静注して潜伏時間・持続時間を測定します。

* 鼻腔内視鏡(ファイバー検査)
鼻アレルギー・慢性副鼻腔炎・鼻茸(ポリープ)などの疾患の有無、嗅裂部の開存度をチェックし、鼻腔所見はTVモニターにて供覧できます。

* 日常のにおいアンケート
日本人の生活様式をふまえたアンケート検査で、正解率70%以上が正常です。

嗅覚障害の治療

* 鼻疾患・感冒の治療
通常は内服のみですが、鼻茸(ポリープ)があり、難治性の場合は手術となることもあります。
* リンデロン(ステロイド)点鼻療法
懸垂頭位(仰向けに寝て、肩枕を入れ、かなり反り返る姿勢)にて点鼻液を両鼻腔に3滴ずつ点鼻し、そのままの体勢にて10分間保持する治療を、毎日朝夕2回行います。

Sweet Smell 06-07月号

令和9連休中に8年ぶり6回目のハワイに行ってきました。今回は初の家族5人揃っての海外旅行です。恒例によって印象に残ったsmellを列挙します。

Banan(バナン:オバマ大統領が通った名門プナホウスクール出身のスタッフが創業)
バナナソフトクリーム(カップ):ハワイ産バナナの他、ココナッツミルク、マカデミアンバター、アーモンドブリーズなど濃厚でした。バナナの香り成分はisoamyl acetate
ハワイコナハナレイ
スイートな甘さのハワイアンビールですが、コクやキレはやはり物足りません。
パイナ・ラナイ・フードコート
ガーリックシュリンプの匂いは長男は苦手でした。香り成分はdiallyl disulfide
アイランドビンテージシェイブアイス
ヘブンリーリリコイ(写真):マンゴー、パッション、ストロベリー、求肥(=ボンタン飴)、そしてタピオカのような食感で今話題のポッピングボバが入っています。リリコイとはパッションフルーツのことで、その香り成分はethyl butyrateです。
リッツカールトンレジデンス
朝食や昼食とで、アサイボール(バナナ、オーツ麦、チアシード)、エッグベネデクト、パンケーキ、干し肉、ロコモコ、ハンバーガー、マッシュポテト(クリーミー!)、サーモンベーグル(玉葱とサーモンがマッチ!)など。ビュッフェではなくお決まりメニューのみ。
帰国後、我が家で・・・
家の和室に入った瞬間:畳のにおいが強かったです。主な香り成分はフィトンチッド。
トランクやポーチ:香料と湿ったにおいで、まるで機内のにおい
Doleパイナップルドレッシング:フルーティでスイーツなにおい
グアバ石鹸(写真):化学香料が強く、使ってると溶けだすアメリカらしい商品です。

成田空港は思ったほど混んでいませんでしたが、手続きの簡略化が激変でした。ESTA(電子渡航認証システム)、預け入れ手荷物のX線不要、事前の航空券なし(そのまま手続きカウンターに。搭乗券はあり)、家族連れは入国審査が別ラインで通過、パスポートのスタンプ押印なし、などです。しかしセキュリティという意味ではどうでしょうか・・。

1日目はワイキキビーチとマジックオブポリネシア、2日目は動物園と天国の海(サンドバー)、3日目は野生のイルカ&海ガメと泳ぐツアーと、アラモアナセンターに行きました。久しぶりのハワイは驚くほどエコが進んでいて、買い物をしても袋に入れてくれません。有料袋は40ポンドです。またレストランのトイレなどでも12歳以下の子供の放置は州法で禁じられているので気を使いました。あとウォシュレットがいまだに全く普及していないのは意外でしたし、チップはやはり段々面倒になりました。特大baggageを持っていったためか、帰りに40回目の海外旅行にして初めて超過料金を取られました。最後にハードなスケジュールを昼寝することなくこなした子供達に感謝です。


この欄では毎月におい・香りについての話題・所感について掲載する予定です。におい・香りに関する質問をお寄せ下さい。


◆バックナンバー◆