五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)の中でもあまり重視されていない嗅覚(きゅうかく)ですが、“におい”はおいしさを感じたり、危険を察知する役目を持つなど、人間の基本的な機能に欠かせない重要な感覚の1つです。

検査の必要性

* 嗅覚減退(においが良く分からないこと)のある方
ガス・ガソリンもれ、火事の煙、食物の焦がしたにおいなど、気付くのに遅れると生活上危険なので検査・診断が必要です。
* におい・香りが重要な職業の方
調理師、ソムリエの方や焼酎醸造、アロマテラピーなどに従事されている方は、嗅覚が自分では正常だと思っていても、自分の正確な嗅力を知ることは仕事のqualityを高める意味でも大切です。
* 高齢の方
視力、聴力と同様、加齢により嗅力も落ちる事が最近明らかになったので、注意が必要です。

嗅覚障害の検査・診断法

* 基準嗅力検査
5種類・8段階の薬液を濾紙に浸して、においをかぐことによりその種類を答える検査です。
平均認知域値すなわち嗅力は、−2から5.8であり、1以下が正常で以後、軽度・中等度・高度障害と段階的に判別され、5.6以上が嗅覚脱失となります。

* カード式嗅覚検査
日本人の生活習慣に適合した香りを中心に選択された簡易な嗅覚同定検査です。
4つの選択肢から、何のにおいを感じたかを1つ選んで回答する検査で、12種類中、9種類以上正解が正常です。
選択肢として、家庭用ガス、バラ、墨汁などがあります。

* スティック型嗅覚検査
2つに折り曲げた薬包紙に、においスティックを塗布し、擦りあわせた後、匂いを嗅いで回答する検査法で、においの種類、判定法などはカード型嗅覚検査と同じです。
選択肢として、カレー、バラ、蒸れた靴下などがあります。

* 静脈性嗅覚検査
アリナミン(VitB1)を静注して潜伏時間・持続時間を測定します。

* 鼻腔内視鏡(ファイバー検査)
鼻アレルギー・慢性副鼻腔炎・鼻茸(ポリープ)などの疾患の有無、嗅裂部の開存度をチェックし、鼻腔所見はTVモニターにて供覧できます。

* 日常のにおいアンケート
日本人の生活様式をふまえたアンケート検査で、正解率70%以上が正常です。

嗅覚障害の治療

* 鼻疾患・感冒の治療
通常は内服のみですが、鼻茸(ポリープ)があり、難治性の場合は手術となることもあります。
* リンデロン(ステロイド)点鼻療法
懸垂頭位(仰向けに寝て、肩枕を入れ、かなり反り返る姿勢)にて点鼻液を両鼻腔に3滴ずつ点鼻し、そのままの体勢にて10分間保持する治療を、毎日朝夕2回行います。

Sweet Smell 12-01月号

医師としても尊敬していた父が10月4日に帰らぬ人となりました。これまで特に大きな病気もせず、健康であったのですが、一昨年腎臓を患ってから入退院を繰り返すようになり、心臓にも負担がかかるようになっての結末でした。

プライベートでは美味しい料理を食べる事が好きで、お酒はワインとカクテル一辺倒で、特にカクテルはホーゼスネックが大好きでした。ホーゼスネックというカクテルはブランデーがベースでジンジャエールを入れてグラスの内側にレモンの皮を巻き付けるカクテルレシピですが、父は使用するブランデーはマーテルのコルドンブルーでなければいけないというこだわりを持っていました。ある時、あるお店で出されたホーゼスネックを一口飲んだだけで、「中に入っているブランデーはコルドンブルーではない。なのでこれは本物のホーゼスネックとは言えない」とバーテンに意見したり、またある時は別の店でレモンの皮が途中で切れているので、改めてもう一度作り直すよう指示したそうです。 まるで老人クレーマーのようですが、私は頑なに自分の好きなものに対して強いこだわりを見せる姿勢に好感を持っており、またどんなに飲んでも決して酔っぱらって乱れることはなく、周囲の方々より「先生のお父さんはかっこいいね」とか「先生のお父さんは紳士だよね」とよくお声をかけてもらっていたところは、私の自慢の父でもありました。

性格はというと人に対しての細やかな気配りを忘れず、患者さんに対して一人ひとり診察が終わるたびに診察用のイスから患者さんが降りやすいよう、自分は一歩大きく後ろに下がって、両ひざに手をついて会釈しながらネブライザーを勧める姿が今でも脳裏に焼き付いています。しかし正義感が強く、会合の場でも自分の意見をはっきり押し通す場面も多々あるなど、非常に厳格な一面もありました。40年ほど前の話ですが、当時は看護師は数名当院に住み込みで働いていました。父に気づかれぬように病院の規律を破った看護師達に対して、実家に追い返したという話や、朝礼の際、皆の前で「あなたは白衣を脱ぎなさい」と言った話を聞いたことがあります。父自体が私の祖父より厳しく育てられたのでその影響も大きかったのかもしれません。今の時代、すぐパワハラとか言われ、人に厳しく接することがためらわれやすい時代です。しかし人への戒めを怠るということは、それを人に指摘するべきことをあえて見逃すという事なので、自分にも甘くなり、相手だけでなく、自分の人間的成長もブレーキがかかってしまうと思います。それを実践し続けた父の薫陶を胸に刻みつけて今後も周囲への毅然とした態度は継承していきたいと思います。

最後に私たち家族に対して最大の心配りを示してくれました。病気がちになった今年からは体がしんどくなり診療も通常の1時間から30分、20分と短くなっていきました。それでも鞭打って仕事を頑張り、先日、土曜日に開催される子供の運動会を私が応援に行けるようにと、入院中にも関わらず、わざわざ外出許可をとってその日半日あまり、私の代わりに病院の診療をしてくれたことは、家族一同、非常に感謝しています。あまり親孝行はできなかったかもしれませんが、天国で見守る父の為にも、これからは家族全員力を合わせて生きていきたいと思っています。


この欄では毎月におい・香りについての話題・所感について掲載する予定です。におい・香りに関する質問をお寄せ下さい。


◆バックナンバー◆