五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)の中でもあまり重視されていない嗅覚(きゅうかく)ですが、“におい”はおいしさを感じたり、危険を察知する役目を持つなど、人間の基本的な機能に欠かせない重要な感覚の1つです。

検査の必要性

* 嗅覚減退(においが良く分からないこと)のある方
ガス・ガソリンもれ、火事の煙、食物の焦がしたにおいなど、気付くのに遅れると生活上危険なので検査・診断が必要です。
* におい・香りが重要な職業の方
調理師、ソムリエの方や焼酎醸造、アロマテラピーなどに従事されている方は、嗅覚が自分では正常だと思っていても、自分の正確な嗅力を知ることは仕事のqualityを高める意味でも大切です。
* 高齢の方
視力、聴力と同様、加齢により嗅力も落ちる事が最近明らかになったので、注意が必要です。

嗅覚障害の検査・診断法

* 基準嗅力検査
5種類・8段階の薬液を濾紙に浸して、においをかぐことによりその種類を答える検査です。
平均認知域値すなわち嗅力は、−2から5.8であり、1以下が正常で以後、軽度・中等度・高度障害と段階的に判別され、5.6以上が嗅覚脱失となります。

* カード式嗅覚検査
日本人の生活習慣に適合した香りを中心に選択された簡易な嗅覚同定検査です。
4つの選択肢から、何のにおいを感じたかを1つ選んで回答する検査で、12種類中、9種類以上正解が正常です。
選択肢として、家庭用ガス、バラ、墨汁などがあります。

* スティック型嗅覚検査
2つに折り曲げた薬包紙に、においスティックを塗布し、擦りあわせた後、匂いを嗅いで回答する検査法で、においの種類、判定法などはカード型嗅覚検査と同じです。
選択肢として、カレー、バラ、蒸れた靴下などがあります。

* 静脈性嗅覚検査
アリナミン(VitB1)を静注して潜伏時間・持続時間を測定します。

* 鼻腔内視鏡(ファイバー検査)
鼻アレルギー・慢性副鼻腔炎・鼻茸(ポリープ)などの疾患の有無、嗅裂部の開存度をチェックし、鼻腔所見はTVモニターにて供覧できます。

* 日常のにおいアンケート
日本人の生活様式をふまえたアンケート検査で、正解率70%以上が正常です。

嗅覚障害の治療

* 鼻疾患・感冒の治療
通常は内服のみですが、鼻茸(ポリープ)があり、難治性の場合は手術となることもあります。
* リンデロン(ステロイド)点鼻療法
懸垂頭位(仰向けに寝て、肩枕を入れ、かなり反り返る姿勢)にて点鼻液を両鼻腔に3滴ずつ点鼻し、そのままの体勢にて10分間保持する治療を、毎日朝夕2回行います。

Sweet Smell 06-07月号

第12回NARD主催ケモタイプアロマテラピー九州勉強会「嗅覚とアロマテラピー」を福岡開催の以来3年ぶりに口演させて頂きました。今回の会場は熊本市内の「アロマテラピー西別府」で、ヨーロピアン調の建物は周りの震災余波の雰囲気が残る街並みの中に佇んでいます。店内はアロマ関連グッズ、キッチン用品、そしてなぜかガイコツまで所狭しと並んでいます(写真)。各々の学会・団体で表記が異なるので、スライド作りには気を使いました。すなわち日本アロマセラピー学会は「アロマセラピー」「ティートリー」であるのに対して、NARD JAPANは「アロマテラピー」「ティートゥリー」です。内容は1)嗅覚の解剖と生理、2)嗅覚障害の原因・検査・治療、3)認知症と嗅覚障害・アロマセラピー、4)スティック型嗅覚検査施行、5)アレルギー性鼻炎とアロマテラピー、6)匂いと香りのセミナー報告です。また講話だけでは飽きるので、消毒用エタノール(リトセア、ペパーミント、ラベンダーの精油入り)、アリナミン、ローズマリー、バレリアン精油、芳樟(指宿市開聞山麓香料園のハーブウオーター)、塗香を鹿児島から持参して嗅いでもらいました。

質疑応答のまとめの一部を列挙します。@超音波ネブライザーは抗生剤水溶液が少し臭うので、においのマスキングとして当初はバニラエッセンスを1滴加えていた。その後代わりにベンゾイン精油を数回試したが、粘度が高くて器具洗浄が困難であり、また抗生剤に精油を混ぜるというのは薬剤安定性、配合変化などが懸念されるので、現在は何も入れていない。Aアスペルガー患者には聴覚過敏同様、嗅覚過敏も多い。B似たようなにおいを嗅ぎ続けると嗅覚疲労ですぐにおいを感じなくなるので、できるだけ違うにおいを嗅いだ方がいい。Cドリアンは嗅ぐと臭いのに口に含んだ時の後鼻腔からの香りでは異なったいいにおいに感じた。その理由はにおい濃度が増すことによる質の変化と思われるDソムリエなどはにおいの官能表現においては記憶で答えているところがありf-MRIでは海馬が中心に描出されるのに対して、学生が答えると島皮質が中心に描出されるという報告がある。Eホルモンの関係で妊娠もアレルギー性鼻炎の原因になる(妊娠性鼻炎)。

遠くは兵庫からいらした方もいるように、通常の参加者の熱意は強く通常の医学系学会よりも質問が多いのにはいつもながら感嘆します。

八重桜のフリーズドライを貰ったのでお澄ましにして飲みましたが、いい香りでした。しかし桜の花弁はほぼ無臭であり、俗に桜の香りと言われているのは桜の葉っぱ(クマリン)です。これは梅酢漬けでしたので、梅と酢(酢酸エチル)の香りを嗅いでいることになるのかなと思いました。

桜の香気成分については本稿2011年4-5月号に記載しています。

KYT(かごしま読売テレビ)と補聴器のヨネザワから毎週土曜朝放送のローカル情報番組「ユメイロ」の出演依頼がありました。田上真澄アナを相手に、会話の聞き間違いは老人性難聴の兆しで、家族との会話の減少より孤立化して認知症にもなりかねないので、自身に適した補聴器が必要という内容でインタビューに答えました。オンエアが楽しみです。


この欄では毎月におい・香りについての話題・所感について掲載する予定です。におい・香りに関する質問をお寄せ下さい。


◆バックナンバー◆