五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)の中でもあまり重視されていない嗅覚(きゅうかく)ですが、“におい”はおいしさを感じたり、危険を察知する役目を持つなど、人間の基本的な機能に欠かせない重要な感覚の1つです。

検査の必要性

* 嗅覚減退(においが良く分からないこと)のある方
ガス・ガソリンもれ、火事の煙、食物の焦がしたにおいなど、気付くのに遅れると生活上危険なので検査・診断が必要です。
* におい・香りが重要な職業の方
調理師、ソムリエの方や焼酎醸造、アロマテラピーなどに従事されている方は、嗅覚が自分では正常だと思っていても、自分の正確な嗅力を知ることは仕事のqualityを高める意味でも大切です。
* 高齢の方
視力、聴力と同様、加齢により嗅力も落ちる事が最近明らかになったので、注意が必要です。

嗅覚障害の検査・診断法

* 基準嗅力検査
5種類・8段階の薬液を濾紙に浸して、においをかぐことによりその種類を答える検査です。
平均認知域値すなわち嗅力は、−2から5.8であり、1以下が正常で以後、軽度・中等度・高度障害と段階的に判別され、5.6以上が嗅覚脱失となります。

* カード式嗅覚検査
日本人の生活習慣に適合した香りを中心に選択された簡易な嗅覚同定検査です。
4つの選択肢から、何のにおいを感じたかを1つ選んで回答する検査で、12種類中、9種類以上正解が正常です。
選択肢として、家庭用ガス、バラ、墨汁などがあります。

* スティック型嗅覚検査
2つに折り曲げた薬包紙に、においスティックを塗布し、擦りあわせた後、匂いを嗅いで回答する検査法で、においの種類、判定法などはカード型嗅覚検査と同じです。
選択肢として、カレー、バラ、蒸れた靴下などがあります。

* 静脈性嗅覚検査
アリナミン(VitB1)を静注して潜伏時間・持続時間を測定します。

* 鼻腔内視鏡(ファイバー検査)
鼻アレルギー・慢性副鼻腔炎・鼻茸(ポリープ)などの疾患の有無、嗅裂部の開存度をチェックし、鼻腔所見はTVモニターにて供覧できます。

* 日常のにおいアンケート
日本人の生活様式をふまえたアンケート検査で、正解率70%以上が正常です。

嗅覚障害の治療

* 鼻疾患・感冒の治療
通常は内服のみですが、鼻茸(ポリープ)があり、難治性の場合は手術となることもあります。
* リンデロン(ステロイド)点鼻療法
懸垂頭位(仰向けに寝て、肩枕を入れ、かなり反り返る姿勢)にて点鼻液を両鼻腔に3滴ずつ点鼻し、そのままの体勢にて10分間保持する治療を、毎日朝夕2回行います。

Sweet Smell 04・05月号

南国の恵みの一滴 ―黒酢―

焼酎、お茶と並ぶ鹿児島の代表的な香りである「黒酢」の当院セミナーを近日開催予定です。そこで今回は黒酢についての予備知識を記述します。

紀元前5000年、すなわち今から7000年前のメソポタミアで最初にお酢が作られ、ギリシャではヒポクラテスが病人にお酢を勧めるとの記録も残っています。その後4世紀頃に中国から和泉(大阪)に米酢が伝わり、その1400年後の今から約200年前に霧島市福山町の商人「竹之下松兵衛」が伝え継ぎました。

米酢は原料となる蒸した精米をホーローやステンレスなどの金属容器の中で発酵させ、約4ケ月という短い期間で完成させるのに対して、黒酢は玄米、大麦をじっくりと1〜3年もの長い時間かけて発酵・熟成します。それはアマン壺と呼ばれる亀壺に恩恵を被っています。壺自体が太陽熱を吸収して自然対流、温度調整を行うため、天然の酵母や酢酸菌の付着を促しており、黒酢が黒褐色をしているのはこれらのアミノカルボニル(メイラード)反応のためです。その結果として穀物酢や米酢がツンとした香りと酸味の強い風味であるのに対して黒酢は独特のまろやかな香りとコクのある風味に仕上がります。他に医学的効用としては活性酸素の除去、抗酸化物質の増加、食後の血糖値上昇を緩やかにすること、免疫力を上昇させる(NK細胞の活性化)ことなどが示唆されています。

農林水産省は穀物酢のうち1000mlにつき180g以上の米または、米に小麦か大麦を加えたものを原料として、褐色または黒褐色に発酵、熟成させたものを黒酢と定義しており、玄米使用を米黒酢、大麦のみの使用を大麦黒酢と呼んでいます。夏は涼しく冬は暖かいという気候や、シラス台地が生み出す良質な天然水、霧島火山帯の地熱などが黒酢の生成に適していると言え、自分が恵まれた自然環境にいることに感謝し、実りある黒酢セミナーにしたいと思います。内容は次号のセミナー報告にてお伝えします。

<参考文献>
ヘルスケア大学/黒酢と他のお酢の違いって?
福山黒酢「桷志田」/黒酢ものがたり

花粉症インタビュー

2月下旬にKKB(鹿児島放送)「スーパーJチャンネル」の花粉症特集の取材を受けました。

撮影の当日、まずは撮影場所として院長室にテレビ局の方々を案内したのですが、一瞥するなり診察室での撮影を希望されてしまいました(苦笑)。中西可奈アナによるインタビューの中で今年の飛散状況、身近な花粉対策などを説明し、嗅覚障害をひきおこすことや、今話題の舌下免疫療法も紹介しました。

オンエアでは実物よりも端正な顔立ち(?)に映っておりカメラアングルとライティングの効果を実感しました。また所々、字幕スーパーやフリップを入れたりすることで、インタビューのみよりも視聴者に理解しやすく、また飽きさせない編集内容となっており、他のニュースなども沢山ある中で撮影からわずか3日での作業に感心する次第でした。


この欄では毎月におい・香りについての話題・所感について掲載する予定です。におい・香りに関する質問をお寄せ下さい。


◆バックナンバー◆