五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)の中でもあまり重視されていない嗅覚(きゅうかく)ですが、“におい”はおいしさを感じたり、危険を察知する役目を持つなど、人間の基本的な機能に欠かせない重要な感覚の1つです。

検査の必要性

* 嗅覚減退(においが良く分からないこと)のある方
ガス・ガソリンもれ、火事の煙、食物の焦がしたにおいなど、気付くのに遅れると生活上危険なので検査・診断が必要です。
* におい・香りが重要な職業の方
調理師、ソムリエの方や焼酎醸造、アロマテラピーなどに従事されている方は、嗅覚が自分では正常だと思っていても、自分の正確な嗅力を知ることは仕事のqualityを高める意味でも大切です。
* 高齢の方
視力、聴力と同様、加齢により嗅力も落ちる事が最近明らかになったので、注意が必要です。

嗅覚障害の検査・診断法

* 基準嗅力検査
5種類・8段階の薬液を濾紙に浸して、においをかぐことによりその種類を答える検査です。
平均認知域値すなわち嗅力は、−2から5.8であり、1以下が正常で以後、軽度・中等度・高度障害と段階的に判別され、5.6以上が嗅覚脱失となります。

* カード式嗅覚検査
日本人の生活習慣に適合した香りを中心に選択された簡易な嗅覚同定検査です。
4つの選択肢から、何のにおいを感じたかを1つ選んで回答する検査で、12種類中、9種類以上正解が正常です。
選択肢として、家庭用ガス、バラ、墨汁などがあります。

* スティック型嗅覚検査
2つに折り曲げた薬包紙に、においスティックを塗布し、擦りあわせた後、匂いを嗅いで回答する検査法で、においの種類、判定法などはカード型嗅覚検査と同じです。
選択肢として、カレー、バラ、蒸れた靴下などがあります。

* 静脈性嗅覚検査
アリナミン(VitB1)を静注して潜伏時間・持続時間を測定します。

* 鼻腔内視鏡(ファイバー検査)
鼻アレルギー・慢性副鼻腔炎・鼻茸(ポリープ)などの疾患の有無、嗅裂部の開存度をチェックし、鼻腔所見はTVモニターにて供覧できます。

* 日常のにおいアンケート
日本人の生活様式をふまえたアンケート検査で、正解率70%以上が正常です。

嗅覚障害の治療

* 鼻疾患・感冒の治療
通常は内服のみですが、鼻茸(ポリープ)があり、難治性の場合は手術となることもあります。
* リンデロン(ステロイド)点鼻療法
懸垂頭位(仰向けに寝て、肩枕を入れ、かなり反り返る姿勢)にて点鼻液を両鼻腔に3滴ずつ点鼻し、そのままの体勢にて10分間保持する治療を、毎日朝夕2回行います。

Sweet Smell 12-01月号

私が実行委員長を務めた熊本総会以来、6年ぶりの九州開催となる日本アロマセラピー学会学術総会が本年11月にアクロス福岡にて開催されました。河村康司会長より実行委員を拝命され1年間計7回実行委員会参加のため福岡に通いました。理事長辞任などもあり今回もまた波乱続きで苦慮しましたが、毎回東京より御参加頂いた事務局のメイプロジェクト社にはこの場を借りて御礼申し上げます。

他にはボランティア統括部長も担いました。会場でのアナウンス、照明、クローク、弁当配布、ハーブブースなどを請け負う総勢46名(医師、パラメディカル、セラピスト)ものシフト表を作成しましたが、各人の日程調整や、業務に飽きないよう午前、午後での職務変更などには配慮しました。また座長・演者の変更や進行遅れもありうる場合を想定してのアナウンス原稿の作成にも着手しました。

プログラム面では学会初の耳鼻咽喉科シンポジウムを企画しました。私、柴田美雅先生(産業医大)、久保英彦先生(九州大学)がシンポジストで、座長を福岩達哉先生(南さつま市)にお願いしました。

私は「耳鼻咽喉科医としてのアロマセラピー」として当院でのアロマ風景、アレルギー性鼻炎に対するティートリー蒸気吸入、ティートリー精油を浸した綿棒を外耳道真菌症に用いた使用経験に加え、他施設からの報告としてユーカリ精油50%アルコール溶液をカーペットに噴霧したところヒョウヒダニが軽減したという服部彩樹先生(岐阜市)のデータも併せて報告しました。アレルギー性鼻炎に対する原因療法としてのアロマセラピーになりうると思いました。恒例のにおいスティックを参加者全員に実践した(バラ、練乳、墨汁)後に、アロマセラピーを耳鼻咽喉科で普及させる思案を述べて終了としました。

質疑応答として、
@蒸気吸入器にではなく通常のネブライザーにティートリー精油を加えればいいのではないかの質問には高温の方がにおい受容に大きな役割を果たす。
A苦労した、または気をつけている点はとの質問にはティートリーのにおいの好き嫌い、吸入時の咳嗽などより吸入治療を無理強いしないことと、医薬品ではないので効果効能のアピールには注意していること。
Bうがいは精油なので粘膜に対して問題はないのかの質問には含嗽なのでもちろんコップの水に精油を入れてから口に含ませていると、各々返答しました。

学会終了後、学会本部より来年度の学会誌でのシンポジスト企画としてシンポジスト3人の推薦論文の依頼がありました。立ち見がでるほどの盛況でしたし、耳鼻咽喉科が高く評価されたことは今後のステップに向けて嬉しい報告となりました。

今回はセラピスト仲間の一般演題発表にも協力し、永田江利加さんの「病院役職者に対するストレス緩和ケアの実践」の研究デザイン、スライド作成に関わりました。計画的に早めに作成させ、文献を数多く読破させたためか、発表も無事に終えられたようです。
また一般演題における40歳以下のエントリーを対象とした学会奨励賞を設けて懇親会で表彰式も行いました。来年以降も是非続けてもらいたいです。
他には所澤いづみ先生のトリートメントセミナーがあり、当院の谷口薬剤師が実演での施術モデルで登壇しました。本人はモニターを直視できないので、施術を受けながらの先生からの質問には答えづらそうでした(笑)。

演題はほとんど聞けませんでしたが、聴講できた中では神保先生の一般演題「アンバーグリスの成分分析と熟成による影響」と西別府友香さんの「熊本震災での継続的なアロマセラピー支援活動における考察」が印象に残りました。

今回も当院スタッフを5名、ボランティアとして連れて行きました。当日受付、事前受付、ランチョン整理券配布、会場案内などを担当してもらいました。スタッフには折角の連休のところ申し訳なかったですが、いい経験にはなったと思います。
様々な事情・背景のため6年前の熊本総会より参加者数や出展ブース数は減少し、当日座長の連絡トラブルで5分前に急遽代役の座長を決定するなどのハプニングもありましたが、プログラムは時間が押すことなく極めてスムーズに進行し、参加者からのクレームもほとんどなかったのは収穫でした。

委員会では何度も意見を戦わせましたが、おおらかな河村先生、cool and dandyな小菅先生、博識な久保先生、百戦錬磨の神保先生、入江さんの母性愛、何事にも前向きな川畑さん、文才の上水樽さん、組織力に長けた岩橋さん9名全員の「ワンチーム」でした。
しばらく皆に会えないのは寂しいですが、懇親会のゴスペルグループ「ザ・ソウルマチックス」の替え歌の如く実行委員会は「ひとりぼっちじゃない」という思いを抱きながら、このメンバーでいつの日かまた仕事したいと感じている今日この頃です。


この欄では毎月におい・香りについての話題・所感について掲載する予定です。におい・香りに関する質問をお寄せ下さい。


◆バックナンバー◆