五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)の中でもあまり重視されていない嗅覚(きゅうかく)ですが、“におい”はおいしさを感じたり、危険を察知する役目を持つなど、人間の基本的な機能に欠かせない重要な感覚の1つです。

検査の必要性

* 嗅覚減退(においが良く分からないこと)のある方
ガス・ガソリンもれ、火事の煙、食物の焦がしたにおいなど、気付くのに遅れると生活上危険なので検査・診断が必要です。
* におい・香りが重要な職業の方
調理師、ソムリエの方や焼酎醸造、アロマテラピーなどに従事されている方は、嗅覚が自分では正常だと思っていても、自分の正確な嗅力を知ることは仕事のqualityを高める意味でも大切です。
* 高齢の方
視力、聴力と同様、加齢により嗅力も落ちる事が最近明らかになったので、注意が必要です。

嗅覚障害の検査・診断法

* 基準嗅力検査
5種類・8段階の薬液を濾紙に浸して、においをかぐことによりその種類を答える検査です。
平均認知域値すなわち嗅力は、−2から5.8であり、1以下が正常で以後、軽度・中等度・高度障害と段階的に判別され、5.6以上が嗅覚脱失となります。

* カード式嗅覚検査
日本人の生活習慣に適合した香りを中心に選択された簡易な嗅覚同定検査です。
4つの選択肢から、何のにおいを感じたかを1つ選んで回答する検査で、12種類中、9種類以上正解が正常です。
選択肢として、家庭用ガス、バラ、墨汁などがあります。

* スティック型嗅覚検査
2つに折り曲げた薬包紙に、においスティックを塗布し、擦りあわせた後、匂いを嗅いで回答する検査法で、においの種類、判定法などはカード型嗅覚検査と同じです。
選択肢として、カレー、バラ、蒸れた靴下などがあります。

* 静脈性嗅覚検査
アリナミン(VitB1)を静注して潜伏時間・持続時間を測定します。

* 鼻腔内視鏡(ファイバー検査)
鼻アレルギー・慢性副鼻腔炎・鼻茸(ポリープ)などの疾患の有無、嗅裂部の開存度をチェックし、鼻腔所見はTVモニターにて供覧できます。

* 日常のにおいアンケート
日本人の生活様式をふまえたアンケート検査で、正解率70%以上が正常です。

嗅覚障害の治療

* 鼻疾患・感冒の治療
通常は内服のみですが、鼻茸(ポリープ)があり、難治性の場合は手術となることもあります。
* リンデロン(ステロイド)点鼻療法
懸垂頭位(仰向けに寝て、肩枕を入れ、かなり反り返る姿勢)にて点鼻液を両鼻腔に3滴ずつ点鼻し、そのままの体勢にて10分間保持する治療を、毎日朝夕2回行います。

Sweet Smell 10-11月号

夏に鹿児島県立博物館での企画展「くんくんかずんでん〜におい図鑑〜」を訪れました。かずむとは「香む」と書く鹿児島弁です。すなわち「くんくんにおいを嗅いでみよう」という意です。

会場は博物館の展示室一室のみですが、コの字型に所狭しと壁に説明用パネル、その前には試飲ならぬ試嗅用の標本が陳列していました。それを紹介・補足してみます。

臭い昆虫と動物たち

臭いにおいのカメムシ(ヘコキムシ)と同じ香気成分のヘキセナールを持つことから、パクチーの和名はカメムシ草。ミイデラゴミムシは捕まえようとすると「プッ」と100℃近い刺激臭のガスを放ついわゆる屁っぴり虫。アゲハ(揚羽蝶の幼虫)は腐ったみかんのような臭角を持つ。ヤンバルトサカヤスデは徳之島で発見されて以来、平成15年には鹿児島市でも発見された。油っぽい臭いを出す。アマミサソリモドキは薩摩半島南部に生息し酸っぱい毒ガスを発することから「酢虫」と呼ばれる。奄美諸島に生息するアカマタ(マダラヘビ属)やアオダイショウは敵に襲われると肛門付近の臭腺より臭い液体を分泌し、同様の生態であるヨナグニシュウダ(ナミヘビ科)はそれがシュウダ(臭蛇)の語源となっている。

臭い植物もたくさん

独特な香りの葉としてニッケイ(香気成分:オイゲノール)があり肉桂、ニッキ、シナモンなどの呼称があるが鹿児島では「けせん」といって団子を包む葉っぱとして使われる。ヘクソカズラ(アカネ科)は漢字で「屁糞葛」と書くほど葉や茎を傷つけると悪臭がするので、茶葉に混じると大変。カラクサカズラ(唐草葛)は乳牛が食べると牛乳に臭いにおいが混じってしまう。ショクダイオオコンニャクは腐った死体のような臭いで、死体に集まるシデムシ、糞に集まる糞虫に花粉を運んでもらう(忌避作用の逆)。

食べると美味しい?臭い食べ物

臭い食べ物としてはシュールストレミング(スエーデンのニシンの缶詰 香気成分:メルカプタン、硫化水素など)、臭豆腐(中国や台湾における豆腐の加工食品 香気成分:インドール 糞便の臭い)、エピキュアーチーズ(ニュージーランドの缶詰で発酵させたチーズ)、キビヤック(カナダのイヌイット民族やエスキモー民族が作る、海鳥をアザラシの腹部に詰めた漬物)、おなじみドリアン(香気成分:1,1-エタンジチオール)、ホンオフェ(韓国の発酵させたガンギエイで、尿素が加水分解されてアンモニア臭となる)、日本のくさや、鮒ずし(滋賀県のなれずし)などが挙げられる。

宇宙のにおいとは

宇宙のにおいとしてはISS(国際宇宙ステーション)では空気の入れ替えができないので汗や埃の充満した臭いが漂っている。地球でにおいが嗅げるのは地球の引力で空気が引き付けられているからで、宇宙では引力がないためにおいを嗅ぐことはできない。

全国行脚の「におい展」(Sweet Smell 2020年2-3月号参照)よりも、今回の方が鹿児島に特化したローカルなにおいでオリジナリティに溢れていました。手作りされた博物館の学芸員の方々には頭の下がる思いです。臭いにおいを館外の中庭で嗅がせる試みも良かったです。

ちなみに上述した宇宙のにおいも鹿児島ローカルです。宇宙と鹿児島?と思う方へのヒントは「47都道県のうち他の都府県には一つもないのに、鹿児島には2つあるものは何?」です。

あと最近はアロマや若い女性向けの「いい香り」イベント、今回のような「臭いにおい」イベント、の二極化が進んでいると感じています。


この欄では毎月におい・香りについての話題・所感について掲載する予定です。
におい・香りに関する質問をお寄せ下さい。


◆バックナンバー◆