五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)の中でもあまり重視されていない嗅覚(きゅうかく)ですが、“におい”はおいしさを感じたり、危険を察知する役目を持つなど、人間の基本的な機能に欠かせない重要な感覚の1つです。

検査の必要性

* 嗅覚減退(においが良く分からないこと)のある方
ガス・ガソリンもれ、火事の煙、食物の焦がしたにおいなど、気付くのに遅れると生活上危険なので検査・診断が必要です。
* におい・香りが重要な職業の方
調理師、ソムリエの方や焼酎醸造、アロマテラピーなどに従事されている方は、嗅覚が自分では正常だと思っていても、自分の正確な嗅力を知ることは仕事のqualityを高める意味でも大切です。
* 高齢の方
視力、聴力と同様、加齢により嗅力も落ちる事が最近明らかになったので、注意が必要です。

嗅覚障害の検査・診断法

* 基準嗅力検査
5種類・8段階の薬液を濾紙に浸して、においをかぐことによりその種類を答える検査です。
平均認知域値すなわち嗅力は、−2から5.8であり、1以下が正常で以後、軽度・中等度・高度障害と段階的に判別され、5.6以上が嗅覚脱失となります。

* カード式嗅覚検査
日本人の生活習慣に適合した香りを中心に選択された簡易な嗅覚同定検査です。
4つの選択肢から、何のにおいを感じたかを1つ選んで回答する検査で、12種類中、9種類以上正解が正常です。
選択肢として、家庭用ガス、バラ、墨汁などがあります。

* スティック型嗅覚検査
2つに折り曲げた薬包紙に、においスティックを塗布し、擦りあわせた後、匂いを嗅いで回答する検査法で、においの種類、判定法などはカード型嗅覚検査と同じです。
選択肢として、カレー、バラ、蒸れた靴下などがあります。

* 静脈性嗅覚検査
アリナミン(VitB1)を静注して潜伏時間・持続時間を測定します。

* 鼻腔内視鏡(ファイバー検査)
鼻アレルギー・慢性副鼻腔炎・鼻茸(ポリープ)などの疾患の有無、嗅裂部の開存度をチェックし、鼻腔所見はTVモニターにて供覧できます。

* 日常のにおいアンケート
日本人の生活様式をふまえたアンケート検査で、正解率70%以上が正常です。

嗅覚障害の治療

* 鼻疾患・感冒の治療
通常は内服のみですが、鼻茸(ポリープ)があり、難治性の場合は手術となることもあります。
* リンデロン(ステロイド)点鼻療法
懸垂頭位(仰向けに寝て、肩枕を入れ、かなり反り返る姿勢)にて点鼻液を両鼻腔に3滴ずつ点鼻し、そのままの体勢にて10分間保持する治療を、毎日朝夕2回行います。

Sweet Smell 02-03月号

父の加齢臭

先月号でも記載しましたが、父が亡くなりました。父の部屋に入ると今だに父のにおいがします。においの源はさすがに加齢臭と思われます。

加齢臭とは汗腺の近くにある皮脂腺からでるパルミトオレイン酸(マカデミアンナッツ油やアボガドに多く含まれる脂肪酸)が酸化してできたノネナール(過酸化脂質)に整髪料、たばこ、酒のにおいも含んだ“総称”です。脂質は酸化されると様々な低分子化合物になり、2-アルケナール、4-ヒドロキシアルケナール、ケトアルデヒドの中でもアルケナールに属する2-ノネナールは青臭い、油臭い臭いとして認識されている揮発性アルデヒドです。また鮮度の低下したビールの劣化臭、カードボール(段ボール)臭としても知られています。

私の代表的な加齢臭は長年使った枕カバーの臭いだと思っていますが、私のはノネナールか、最近30〜40代の加齢臭として話題のジアセチル臭、どちらなのでしょうか。

日本アロマセラピー学会九州地方会

河村康司実行委員長のもと今年も九州地方会が福岡にて開催されました。私も「認知症と嗅覚」の演題で当日午後より講演したので下記に概要を記します。

嗅覚は刺激が化学物質であり定量的・恒常的な刺激が作りにくいため、研究成果が得られにくいこともあり、五感の中でも軽視されがちです。しかし風味(嗅覚+味覚)におけるQOLの重要性より世間的に着目され、嗅覚の必然性は高いと感じています。最近では、アルツハイマー病、脳血管性障害などを起因とした認知症の初発症状が嗅覚障害であることがトピックです。そこで精神病院認知症病棟患者28名を対象として、嗅覚障害の重症度判定としての基準嗅力検査と、認知症の重症度判定としてのHDS-R(長谷川式)との相関度を検討した結果、γ-0.628と相関を認める結果を得ました。また認知症に対しては全国的に補完代替療法の一環として、アロマセラピーが盛んですが、精油のにおいをただ漫然と嗅がせるだけではなく、“これは何のにおいか”“どのように感じるか”など、官能表現として答えさせる方法を用いた嗅覚刺激療法を今回発案し、施行したので併せて報告しました。統計学的な有意差はみられませんでしたが、反応は上々で改善の余地が充分にあると感じました。最後に上記療法の原案となった「スティック型嗅覚検査」を参加者全員に官能表現の“早嗅ぎ”で実施しました。6番目に答えた方が「墨汁」と正答されました。

午前は株式会社T-LAB、統合医療研究所 神保太樹先生の「アロマは認知症のキーワード」と医療法人社団くどうちあき脳神経外科クリニック理事長・院長 工藤千秋先生の「認知症に及ぼすアロマセラピーの効果」の座長をさせてもらいました。工藤先生は鹿児島市立病院にご勤務されたことがありご縁を感じました。会全体としてPC不具合、設置機材にて移動しにくいなどの反省が残ったものの、参加者は90名程で新たなネットワークの広がりが実感できました。準備のため朝の8時30分にアクロス福岡に入りましたが、中洲は夜のネオンだけでなく朝日も意外と綺麗でした。


この欄では毎月におい・香りについての話題・所感について掲載する予定です。におい・香りに関する質問をお寄せ下さい。


◆バックナンバー◆