五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)の中でもあまり重視されていない嗅覚(きゅうかく)ですが、“におい”はおいしさを感じたり、危険を察知する役目を持つなど、人間の基本的な機能に欠かせない重要な感覚の1つです。

検査の必要性

* 嗅覚減退(においが良く分からないこと)のある方
ガス・ガソリンもれ、火事の煙、食物の焦がしたにおいなど、気付くのに遅れると生活上危険なので検査・診断が必要です。
* におい・香りが重要な職業の方
調理師、ソムリエの方や焼酎醸造、アロマテラピーなどに従事されている方は、嗅覚が自分では正常だと思っていても、自分の正確な嗅力を知ることは仕事のqualityを高める意味でも大切です。
* 高齢の方
視力、聴力と同様、加齢により嗅力も落ちる事が最近明らかになったので、注意が必要です。

嗅覚障害の検査・診断法

* 基準嗅力検査
5種類・8段階の薬液を濾紙に浸して、においをかぐことによりその種類を答える検査です。
平均認知域値すなわち嗅力は、−2から5.8であり、1以下が正常で以後、軽度・中等度・高度障害と段階的に判別され、5.6以上が嗅覚脱失となります。

* カード式嗅覚検査
日本人の生活習慣に適合した香りを中心に選択された簡易な嗅覚同定検査です。
4つの選択肢から、何のにおいを感じたかを1つ選んで回答する検査で、12種類中、9種類以上正解が正常です。
選択肢として、家庭用ガス、バラ、墨汁などがあります。

* スティック型嗅覚検査
2つに折り曲げた薬包紙に、においスティックを塗布し、擦りあわせた後、匂いを嗅いで回答する検査法で、においの種類、判定法などはカード型嗅覚検査と同じです。
選択肢として、カレー、バラ、蒸れた靴下などがあります。

* 静脈性嗅覚検査
アリナミン(VitB1)を静注して潜伏時間・持続時間を測定します。

* 鼻腔内視鏡(ファイバー検査)
鼻アレルギー・慢性副鼻腔炎・鼻茸(ポリープ)などの疾患の有無、嗅裂部の開存度をチェックし、鼻腔所見はTVモニターにて供覧できます。

* 日常のにおいアンケート
日本人の生活様式をふまえたアンケート検査で、正解率70%以上が正常です。

嗅覚障害の治療

* 鼻疾患・感冒の治療
通常は内服のみですが、鼻茸(ポリープ)があり、難治性の場合は手術となることもあります。
* リンデロン(ステロイド)点鼻療法
懸垂頭位(仰向けに寝て、肩枕を入れ、かなり反り返る姿勢)にて点鼻液を両鼻腔に3滴ずつ点鼻し、そのままの体勢にて10分間保持する治療を、毎日朝夕2回行います。

Sweet Smell 04・05月号

平成31年1月に3年ぶりに「嗅覚冬のセミナー」に参加しました。今年は初めて九州で開催され、産業医大の柴田美雅先生が幹事で北九州八幡のダイワロイヤルホテルで行われました。ホテル眼前には私の思い出の旧スペースワールドの跡地が広がっています。

クリニカルエッセンス:当院における嗅覚診療の工夫と現況

開業医を代表してまず私が発表しました。以下質疑→応答の順で5つ記載します。

1)2ヶ月施行・1ヶ月休薬のサイクルでステロイド点鼻療法を施行しているとのことだが副作用は認めないのか
→臨床上は特に問題は生じていないが、定期的な採血(ACTH、コルチゾル)をもう少し積極的にするべきと感じている。

2)点鼻液の処方ペースは
→週1本なので2ヶ月で8本。

3)患者本人が自分で点鼻するのではなく、本人以外が点鼻するよう指導しているとのことだが具体的には誰がするのか
→患者以外は家族がほとんど。会社の同僚、友人とかいうケースはほとんどない。

4)点鼻姿勢は懸垂頭位法のみで、側臥位法は実施していないのか
→高齢者や頸椎に障害のある患者には側臥位法で施行しているが効果は懸垂頭位の方が良好と思っている。

5)基準嗅力検査での片側ずつ測定の際の片鼻を防ぐ方法は
→患者さん本人に片方の鼻腔を指で押さえてもらって検査している。

他施設からはまず東京のクリニックからタブレットでにおいアンケートやVASを検査していることや、月に1台のペースでT&Tオルファクトメトリーを購入していることなどの、次に京都のクリニックからは患者さん用リハビリノートを手作りで作成し、その日においに関して感じた事を記入してもらっていることや、嗅覚トレーニングキット80を元ににおい球(珪酸カルシウム)を独自に作成して使用していることなどの報告がありました。

一般演題、パネルディスカッション(簡単に羅列します)

自発性嗅覚障害(においが感じられる)の具体的症例として煙、乾燥、酒粕、甘いにおいなど。外傷による嗅覚障害治療にPSL60mg漸減療法を施行。においスティックの「炒めたニンニク」は患者では種類別正答率の結果は悪い(兵庫医大)ものの、逆に正常者では結果が良好である(名古屋女子大)。噴射式嗅覚検査と気流との関係について。罹病期間5年で改善困難。嗅裂部への胃酸逆流の症例。喫煙者は眼窩前頭皮質の容積が小さく、また嗅球はヒトによって大きさが異なる。ハンチントン舞踏病では嗅覚が低下する。将来は“嗅覚相談医”実現化を切望したい、など。

ラウンドテーブルディスカッション

将来の保険適用化を視野に入れた嗅覚刺激療法を実現するため、日本人に馴染みがあり判りやすいにおいを選別する作業を参加者全員で行いました。

合成の単一香料という前提に基づき第一薬品の嗅覚トレーニングキット80の全80種類から事前に選定された13種類全てに3段階の濃度を設けて、計39種類のキットが準備されています。この39種類から各人それぞれ4〜6種類を選択するという手段です。
具体的には杏仁、パイナップル、八つ橋、湿布、墨汁、病棟などがあり、濃度が異なると芳香も異なるため選ぶのに一苦労でした。最終的に採用されたにおい物質の結果が楽しみです。


この欄では毎月におい・香りについての話題・所感について掲載する予定です。におい・香りに関する質問をお寄せ下さい。


◆バックナンバー◆