昭和11年 2月
(1936年)
江川久男(現院長の祖父・1代目)が鹿児島市呉服町51
(現在の三越駐車場あたり)に若松耳鼻咽喉科として開業

◆ 昭和40年当時 ◆
昭和20年 6月 戦災で焼失したため、翌年より川内市向田町に移転
昭和26年 2月 現在の鹿児島市大黒町2-3に移転
昭和42年10月 次男である江川俊治(2代目)が医院を継承し、 江川耳鼻咽喉科医院に名称変更
昭和55年10月 木造から3階建てのビルに増改築
平成 2年 4月 医療法人雅美会 江川耳鼻咽喉科に名称変更
平成17年 4月 江川雅彦(3代目)が院長となり、5月に病院再改築
◆江川 俊治 (前理事長) 自分史◆

昭和34年
鹿児島大学医学部を卒業後、インターンとして東京都立広尾病院に勤務
昭和35年
鹿児島大学耳鼻咽喉科大学院に入学
昭和41年
「航空中耳炎および中耳病変に関する臨床的ならびに実験的研究」にて医学博士号取得
同年
同学部講師
昭和42年
江川耳鼻咽喉科医院に勤務
昭和49年
江川耳鼻咽喉科医院改め、江川耳鼻咽喉科を開業し、院長に就任
昭和55年
鹿児島県耳鼻咽喉科医会 理事
昭和59年
耳鼻咽喉科専門医を取得
平成8年
鹿児島県耳鼻咽喉科医会 副会長
平成12年
鹿児島県耳鼻咽喉科医会 会長
平成17年
医療法人雅美会 理事長就任
◆コメント
信条は“おのれも生き、人も生かせ Live and let live“ 「世の中はお互いに持ちつ持たれつで、一人では生きていけない」ということ。

◇タイトルをクリックすると別ウィンドウで開きます◇



◆江川 雅彦(えがわまさひこ)◆

平成2年
久留米大学医学部を卒業後、鹿児島大学耳鼻咽喉科 (現:鹿児島大学大学院聴覚頭頸部疾患学講座)に入局
その後、市比野記念病院、九州循環器病センター(現:鹿児島医療センター)、 天辰病院、鹿屋医療センター、済生会川内病院、藤元早鈴病院に勤務
平成7年
「慢性副鼻腔炎における嗅覚障害 臨床的・組織形態学的検討」にて医学博士号取得
同年
耳鼻咽喉科専門医を取得
平成9年
かごしま生協病院に耳鼻科部長として、その後8年間勤務
平成17年
江川耳鼻咽喉科 院長に就任
平成31年
同 理事長に就任
◆主な学会活動
日本耳鼻咽喉科学会
耳鼻咽喉科臨床学会
日本鼻科学会
日本味と匂学会
日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会
日本アロマセラピー学会(認定医・評議員)
◆嗅覚・アロマとの関わり・出会い
鹿児島大学の大学院で嗅覚を専攻し、医学博士号を取得した。 現在はその経験を生かして、嗅覚に重点においた診療を行っている。昨今のアロマセラピーブームに着目し、平成16年にMAK鹿児島校でNARDアロマアドバイザーを取得した。 日本アロマセラピー学会にも所属し活動の場を広げつつある。
◆コメント
天文館という繁華街ならではの立地条件を生かした地域医療を目指します。また、簡潔明瞭な病状説明、気軽に質問しやすい外来診療の雰囲気作りを心がけます。


看護師5人、看護助手2人、受付、事務長の計9人です。 うち4名は当院勤務10年以上のベテランです。
そのため、気心が知れており外来業務は円滑に進んでいます。


◆コメント
平成29年7月より新しいスタッフを迎え、気持ちを一新して気配り、心配りのある対応に努めております。
不安に思っていることや、もう少し聞いておきたかったと思うことがありましたら、私達スタッフに気軽に声をかけて下さい。
また、できるだけお待たせすることのないよう配慮していきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。